医療レーザー脱毛とエステ脱毛後のケアの仕方には違いがあります

医療レーザー脱毛で注意が必要な症状

医療レーザー脱毛は安全性が高いといっても、全くトラブルが発生しないとは限りません。医療レーザー脱毛によって起こりうる症状には、どのようなものがあるのでしょうか。主に発症しやすい症状についてご紹介します。

医療レーザー脱毛によって発症しやすい体の症状

皮膚の炎症
医療レーザー脱毛によって最も発症しやすい症状は、皮膚の炎症です。レーザーの光は色素の濃い部分に反応するため、濃い毛が生えている箇所に発症することが多いと言われています。炎症が起こるとかゆみを感じるようになり、患部が赤く腫れ上がります。多くの医療機関では、炎症が起こった際塗り薬でのケアをおすすめしています。
毛嚢炎
毛嚢炎は、皮膚に赤い斑点や膿のようなものができる症状のことです。医療レーザー脱毛を受けてから数日間の間に発症することが多く、特に太い毛が生えている箇所は毛嚢炎になりやすいと言われています。原因はレーザーの熱によって肌を守る機能が低下したことです。保護機能が低下したことで毛根が細菌に侵され、毛穴が赤く腫れてしまうと毛嚢炎を発症します。
軽いやけど
医療レーザー脱毛ではあまり症例は多くないですが、火傷を起こすこともあります。脱毛効果を高めるために、熱エネルギーを上げて施術を行なう場合がありますが、そうなるとメラニンにも強く反応してしまいます。そのため、日焼けをしている方や皮膚の弱い方は火傷する危険性が高まるのです。しかし、最近では脱毛機器もどんどん進化しているため、このようなトラブルが起こることも少なくなっています。
硬毛化
レーザーの光を照射することで、毛が逆に濃くなったり硬くなったりしてしまうこともあります。この症状を「硬毛化」といい、うなじや背中、二の腕部分など産毛が生えている箇所に発症することが多いです。硬毛化は、レーザーの光で毛根細胞の働きを活発化させてしまったことが原因だと言われています。毛が硬毛化してしまった場合は、再施術を無料で行なってくれる病院の保証制度を利用するといいです。

医療レーザー脱毛をした後の注意点

  • 術後は脱毛箇所をきちんと冷やすこと
  • 外に出るときは日焼けしないようにすること
  • 入浴やサウナなどは控えること
  • 消臭スプレーは使わないこと

医療レーザー脱毛を受けた後は、いくつか注意すべきことがあります。まずは、日焼けしないようにすることです。外出時は日焼け止めを塗って、紫外線から肌を守りましょう。また、サウナや床暖房、こたつ、湯船などに浸かることも危険です。レーザーの熱によって肌が火照っているため、保冷剤や冷タオルなどで冷やすようにしましょう。そのほか、施術直後に消臭スプレーを使うこともあまり良くありません。消臭スプレーに含まれている白い粒子が脱毛効果を妨げてしまう可能性があるので、術後1時間以内は使用を控えるようにしましょう。

エステ脱毛で注意が必要な症状

エステ脱毛は医療行為ではないため、肌や体への影響を不安に思う方が多いでしょう。そこで、エステ脱毛で起こる可能性のある症状や施術後の正しいケア法について詳しくご紹介します。

エステ脱毛から起こりうる症状について~サロンスタッフへのQ&A~

エステ脱毛で感染症にかかってしまうというのを耳にしたんですが、本当ですか?
はい、その危険性もあります。エステ脱毛でリンパ腺障害になってしまうのは、使用する機器やタオルなどの備品が不衛生なことが原因です。脱毛施術を行なった後にこのような不衛生な器具を使用することで細菌に感染し、リンパ腺障害を発症してしまうのです。リンパ腺障害になると、皮膚にしこりが出来たり痛みを感じたりといった症状が起こり、完治するまでに相当な時間がかかってしまいます。肌の奥に痛みを感じる場合は、リンパ腺障害を疑って病院で診察を受けましょう。
エステ脱毛で肌荒れなどは起こりますか?
はい、レーザーの光を肌に照射することで赤みが出たり、かゆみや肌荒れの症状が発生したりすることもあります。万が一、脱毛後にこのような症状が出たら、担当のエステティシャンに伝えてください。そして、きちんと皮膚科で診察を受けることをおすすめします。そのままにしておくと、色素沈着したり肌が乾燥したりと悪化してしまいます。そうならないように、保湿クリームを塗って肌の乾燥を防ぐことが大事です。肌が乾燥した状態で皮膚をかいてしまうとブツブツができてしまい、痕が残る可能性もあるので気を付けましょう。
エステ脱毛をすると汗をかく量が増えたと聞いたのですが、実際のところどうなんですか?
それは良く耳にする意見ですが、エステ脱毛をしたからといって汗の量が増えることはありません。もし脱毛前に比べて明らかに汗をかく量が増えたと感じるなら、脱毛したことによって今まで毛で抑えられていた汗の排出がスムーズに行なわれるようになったからでしょう。人によっては脱毛したことで汗腺が刺激を受け、汗をかきやすくなったという方もいます。しかし、これは一時のもので今後ずっと続くわけではないので心配する必要はありません。

エステ脱毛をした後の注意点

  • 汗をかかないようにすること
  • 肌に刺激を与えないようにすること
  • 保湿をしっかりすること
  • ムダ毛の自己処理はしないこと
女医

エステ脱毛をした後は、まず汗をかかないようにすることが大切です。半身浴や長時間の入浴、運動、飲酒などといった汗をかく行動はしないようにしましょう。何故なら、汗をかくと体温が上昇するのでかゆみを感じたり赤みが出たりする可能性があるからです。脱毛後は特に肌が熱を持っており、体温が上昇しやすいので注意が必要です。また、化粧品やスプレーなどを肌に塗ったり、ムダ毛の自己処理をすると肌が乾燥しやすくなります。脱毛後はただでさえ肌が乾燥しているので、クリームなどを塗って保湿することが大事です。

経験や専門知識が豊富なところに通うこと

エステ脱毛を受ける際は、経験や知識が豊富なサロンに通うことです。知名度が高く、大手のサロンだと万が一何か肌トラブルが起きた場合でもしっかり対処してくれます。エステ脱毛での肌トラブルは、エステティシャンの技術力不足が原因となる場合が多いので、経験豊富なエステティシャンにお任せすることで肌トラブルを未然に回避できるでしょう。

TOPボタン